RR2006目次

開催主旨

出展一覧

セミナー

コンテスト

お問合せ

建築リフォーム&リニューアル展
組織委員長
友澤 史紀


◎開催主旨
 高度経済成長を経て、我が国も成熟社会の時代に入り、これからは地球環境に配慮しつつゆるやかな経済成長のもと、豊かで快適な生活を追求していくことが社会の目標となっています。その中で住宅・建築・都市に求められるものは、環境への配慮、安全と安心、美しい景観、文化と資産の継承を基盤とするゆとりある快適性の実現ということになるでしょう。そのためには従来の開発・建設一辺倒の方向ではなく、現在まで鋭意蓄積してきた社会資本を大切にし、有効に活用していく方向がより一層重要になります。これらの蓄積のなかには、今の時代に合わないもの、安全上問題のあるもの、美しい景観を形成していないものなど、問題のあるものも多くあり、抜本的な解決が必要な場合もあるでしょう。しかし、これらをすべて解体・撤去し、全く新しく更新してしまうことは、同時に人々の記憶と歴史、その場に育まれた生活と文化をも棄ててしまうことになり、成熟社会での快適性の追求という目標を踏み外すことにもなりかねません。
 優良な資産を永く保たせ、有効に活かしていくために必要なのが、保全・改修、補修・補強、維持管理、コンバージョンのハード・ソフトの技術です。私達はこれをリフォーム&リニューアルと名付け、時代を先駆け、1989年の第1回目の展示会から一貫して、このテーマを追求して来ました。
 今回、第12回を迎える「建築リフォーム&リニューアル展」は、テーマを「建築の安全・環境・長寿命―快適性を求めて―」とし、幅広い企業や団体が一堂に会し、新しい時代の技術と技法を紹介し、提案する総合展とすることを目指し、また新たなビジネスを生み出す場となることを期待して開催致します。
 

●開催概要   この展示会・セミナーは終了しております。
会  期:2006年(平成18年) 6月14日(水)〜16日(金)
     午前10時〜午後5時(最終日は午後4時30分迄)
会  場:東京国際展示場 東京ビッグサイト 東1ホール
入場 料:1,000円(税込)
主  催:建築リフォーム&リニューアル展組織委員会
共  催:(社)東京建築士会
入場予定:80,000人(予定)
小間 数:380小間(予定)
●組織委員会(50音順)

【名誉会長】
 上村 克郎

【組織委員長】
 友澤 史紀 (日本大学 教授)

【組織副委員長】
 天野 彰  (アトリエ4A 代表)
 石井 幹子 (石井幹子デザイン事務所 代表)

【委員】
 安達 和男 (日本設計 第1建築設計群長 常務執行役員)
 安孫子 義彦 (ジェス 代表)
 伊東 敏雄 (建築都市設計研究所 所長)
 今泉 晋  ((社)建築・設備維持保全推進協会 専務理事)
 樫野 紀元 (市立前橋工科大学教授、地域研究開発センター長)
 門田 真乍子 (カラー集団トータリア 代表)
 川口 とし子 (アーキスタジオ川口一級建築士事務所 代表)
 河村 達雄 ((社)建築設備技術者協会 会長)
 菊池 雅史 (明治大学 教授)
 橘高 義典 (首都大学東京 教授)
 栗山 正也 (日本インテリアプランナー協会 専務理事)
 小西 敏正 (宇都宮大学 教授)
 近藤 照夫 (ものつくり大学 教授)
 菅原 進一 (東京理科大学 教授)
 杉本 賢司 (タイセイ総合研究所 主任研究員)
 鈴木 エドワード (鈴木エドワード建築設計事務所 代表)
 高橋 泰一 (DEMB総合研究所 代表)
 石田 直之 (東京建物リサーチセンター 専務取締役)
 楡木 堯  ((財)ベターリビング 筑波建築試験センター 審議役)
 平田 耕一 (エコシス・コンサルティング 代表)
 松井 勇  (日本大学 教授)
 松村 秀一 (東京大学大学院 助教授)
 村山 博美 (日建設計 設計長)
 本橋 健司 (独立行政法人建築研究所 材料研究グループ長、建築生産研究グループ長)
 横田 暉生 (横田外装研究室 主宰)
 三原 徹  (テツアドー出版 代表)

会場案内展示会お問合せ 


特別企画
 ○特別セミナー開催「建築の安全・環境・長寿命」
 ○リフォーム&リニューアル設計アイデアコンテスト 作品展示
 ●出展者交流会(6/14予定)

特別展示
 ・産官学共同研究COEブース