RR2007目次

開催主旨

出展一覧

セミナー

コンテスト

お問合せ


● 特別セミナー講師紹介●
●特別セミナープログラム(予定)   <聴講無料・事前登録不要
場  所 東京ビッグサイト東1ホール内 <会場案内はこちら>

テーマ:リフォーム&リニューアルでつくる
      人にやさしい建築、地球にやさしい建築
 ○6月13日(水)  テーマ:美しい街づくり
6/13○13:45〜14:25
「利用」の構想力と新たな産業像
講師:
松村 秀一(まつむら・しゅういち)
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授 工学博士 1級建築士
1957年 兵庫県生まれ
1980年 東京大学工学部建築学科卒業
1985年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了  
1986年 東京大学工学部建築学科専任講師
1990年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻助教授
1992年 ローマ大学客員教授(イタリア)
1996年 トレント大学客員教授(イタリア)
2004年 南京大学客員教授(中国)
2005年 大連理工大学客員教授・建築産業化及び技術研究所所長(中国)
2006年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授
     専門分野は建築構法 建築生産
「住宅生産の工業化に関する研究」で2005年日本建築学会賞を受賞。
【主な著書】
 『住に纏わる建築の夢−ダイマキシオン居住機械からガンツ構法まで』(東洋書店、2006)
 『建築とモノ世界をつなぐ』(彰国社、2005)
 『コンバージョンが都市を再生する、地域を変える』(共著 日刊建設通信新聞社、2004)
 『建築生産』(共著 市ヶ谷出版社、2004)
 『コンバージョン[計画・設計]マニュアル』(共著 エクスナレッジ、2004)
 『建築の向こう側』(共著 TOTO出版、2003)
 『建築学の教科書』(共著 彰国社、2003)
 『コンバージョンによる都市再生』(共著 日刊建設通信新聞社、2002)
 『団地再生−甦る欧米の集合住宅』(彰国社、2001)
 『21世紀型住宅のすがた』(監修 東洋経済新報社 2001)
 『「住宅」という考え方−20世紀的住宅の系譜−』(東京大学出版会、1999)
 『「住宅ができる世界」のしくみ』(彰国社、1998)
 『木造住宅産業−その未来戦略』(共著 彰国社、1997)
 『近未来住宅の技術がわかる本』(監修 PHP研究所、1996)
 『ユニット住宅の世界』(積水化学工業 1990)
 『工業化住宅・考』(学芸出版社 1987) など
6/13○14:30〜15:10
ランドスケープからの街づくり
講師:
安達 和男(あだち・かずお)
株式会社日本設計 第1建築設計群長 常務執行役員
1971年 東京大学卒業、同大学院修了。
1973年 株式会社日本設計事務所(現 日本設計)に入社、現在に至る。

【主な作品】
 品川インターシティ(日本建築学会賞)
 工業技術院筑波研究センター(日本建築学会賞)
 富山県工業技術センター(公共建築賞) など

 ○6月14日(木)  テーマ:生まれ変わる、都市と建築
6/14○11:00〜11:40
建築ストックの活用を考える −集合住宅のリモデリングを中心に−
講師:
深尾 精一(ふかお・せいいち)
首都大学東京教授
1949年 東京生まれ
1971年 東京大学工学部建築学科卒業
1976年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 博士課程修了
1976年 早川正夫建築設計事務所 所員
1977年 東京都立大学工学部建築学科 助教授
1995年 東京都立大学工学部建築学科 教授
2005年 首都大学東京都市環境学部教授 学部長補佐
     専門分野 建築構法

 2001年日本建築学会賞(論文)受賞。

【主な作品】
 武蔵大学科学情報センター(協働作品、日本建築学会作品選集、1989)
 実験集合住宅NEXT21(協働作品、日本建築学会作品選奨受賞、1996)
 繁柱の家(日本建築学会作品選奨受賞、1999)
【主な著書】
 『建築構法』(共著、市ヶ谷出版社)
 『住まいの構造・構法』(放送大学教育振興会)
 『建築ヴィジュアル辞典』(共訳、彰国社) など
6/14○12:30〜13:10
家歴書が拓く建築のサステナビリティ
講師:
野城 智也(やしろ・ともなり)
東京大学生産技術研究所 副所長 教授
1980年 東京大学工学部建築学科卒業
1985年 同大学大学院工学系研究科建築学専門課程博士課程修了、工学博士取得
1985年 建設省建築研究所 研究員
1991年 武蔵工業大学建築学科 助教授
1998年 東京大学大学院工学系研究科社会基盤工学専攻 助教授
1999年 東京大学生産技術研究所 助教授
2001年 東京大学生産技術研究所 教授
2007年 東京大学生産技術研究所 副所長

 2006年 日本建築学会賞(論文賞)受賞

【主な著書】
 『実践のための技術倫理:責任あるコーポレートガバナンスのために』(共著 東大出版会、2005年)
 『サービスプロバイダー 都市再生の新産業論』(彰国社、2003)
 『サステナブル建築の政策デザイン』(共著 慶応義塾大学出版会、2002)
 『都市この小さな惑星の』(共訳 鹿島出版会、 2002) など

 ○6月15日(金)  テーマ:未来へつなぐ 新たな提案


撮影 石黒守

6/15○11:00〜11:40
「攻め」のリニューアル
講師:
安田 幸一(やすだ・こういち)
東京工業大学大学院准教授/安田アトリエ
1958年 神奈川県生まれ
1983年 東京工業大学大学院修士課程修了
1983年〜2002年 日建設計
1988〜90年 バーナード・チュミ・ アーキテクツ・ニューヨーク
1989年 イエール大学大学院修士課程修了
2002年〜現在 東京工業大学大学院准教授、安田アトリエ

【主な著書】
 『ニューヨーク・モダンリビング』(丸善出版、1992)
 『篠原一男経由東京発の東京論』(共著 鹿島出版、2001)
 『策あり!都市再生』建築戦略研究会著(共著 日経BP、2002)
【主な受賞歴】
2003年 村野藤吾賞(ポーラ美術館)
2004年 日本建築学会賞(ポーラ美術館)
2006年 第5回リフォーム&リニューアル設計アイデアコンテスト最優秀賞
    (東京工業大学緑が丘1号館レトロフィット)
6/15○11:45〜12:25
世界遺産の修復技術
講師:
杉本 賢司(すぎもと・けんじ)
株式会社タイセイ総合研究所 主任研究員 一級建築士
1949年生まれ。広島工業大学卒業後 大成建設株式会社に入社、技術研究所、同本社勤務を経て、現在に至る。1993年慶応大学大学院理工学研究科工学博士号取得

工学院大学、首都大学東京非常勤講師
日本建築仕上学会理事・企画事業委員長
日本色彩学会理事
(社)東京建築士会 企画事業委員会 副委員長
(社)日本建築士会連合会 教育・事業委員会委員
無機マテリアル学会評議員・編集委員

【主な著書】
 『快適住まいの究極レシピ』(彰国社)
 『塗料と塗装のしくみ』(日本実業出版社)
 『建築材料がわかる事典』(日本実業出版社)
 『図解 プラスチックがわかる本』(日本実業出版社)
 『「千年住宅」を建てる』(KKベストセラーズ) など
6/15○12:30〜13:10
住の安全とユビキタス
講師:
坂村 健(さかむら・けん)
東京大学大学院情報学環 教授/副学環長 工学博士
専攻はコンピュータ・アーキテクチャー(電脳建築学)。
1951年東京生まれ。1984年からTRONプロジェクトのリーダーとして、まったく新しい概念によるコンピュータ体系を構築して世界の注目を集める。現在、TRONは携帯電話をはじめとしてデジタルカメラ、FAX、車のエンジン制御と世界中で非常に多く使われており、ユビキタス(どこでも)コンピューティング環境を実現する重要な組込OSとなっている。さらに、コンピュータを使った電気製品、家具、住宅、ビル、都市、ミュージアムなど広範なデザイン展開を行っている。
2002年1月よりYRPユビキタス・ネットワーキング研究所長を兼任。
IEEE(米国電気電子学会)フェロー。 第33回市村学術賞特別賞受賞。 2001年武田賞受賞。
2003年紫綬褒章受章。 2004年大川賞受賞。 2006年日本学士院賞受賞。

【主な著書】
 『変われる国・日本へ』(アスキー新書)
 『ユビキタスでつくる情報社会基盤』(東京大学出版会)
 『グローバルスタンダードと国家戦略』(NTT出版)
 『ユビキタス、TRONに出会う』(NTT出版)
 『21世紀日本の情報戦略』(岩波書店)
 『ユビキタスコンピュータ革命』(角川書店)
 『情報文明の日本モデル』(PHP研究所)
 『痛快!コンピュータ学』(集英社)
 『TRON DESIGN』(パーソナルメディア) など多数。